今ならFire TV Stickが40%OFF!!
販売ページはこちら!

録画サーバーに必要なパーツを購入しました!【録画サーバーを作る】

どうも、栗本(@KurimotoYugo)です。

さて、前回計画段階だった録画サーバ計画も、パーツを購入して、組み立ての前段階まできました。

シリーズ記事

この記事は【録画サーバーを作る】シリーズです。

  • 第一弾 録画サーバーを作りたい!パーツ構成を考える!
録画サーバーを作りたい!パーツ構成を考える!【録画サーバーを作る】
  • 第二弾 録画サーバーに必要なパーツを購入しました! ←今回の記事
  • 第三弾 EPGStation+Mirakurunで快適録画環境の構築!
EPGStation+Mirakurunで快適録画環境の構築!【録画サーバーを作る】

取り敢えず、今回録画サーバを設置するにあたって購入したものをずらっと置いときます

基礎FUJITSU PRIMAGY TX1310 M111,865円
CPUi3 41605,000円
SSD(OS)TS120GSSD220S (120GB)3,080円
HDD(TS保存)WD Blue 500GB5,157円*
チューナーPX-Q3PE422,000円
カードリーダ中華製ノーブランド品1,119円
同軸ケーブルHORIC S-4C-FB 1.0m480円
分配器HORIC S-4C-FB 10cm980円
合計49,681円

太文字は家に転がってるものをそのまま使ってます。
2019/03/28時点での価格を掲載しています。

では、一つずつ紹介しましょう!

FUJITSU PRIMAGY TX1310 M1

これを基礎として、作っていきます。

FUJITSU PRIMAGY TX1310 M1を選んだ理由は3つ

購入理由
  • 価格が安い
  • 静か
  • 個人的に適してると思ったから

単純ですが、感じです。
まず、一つ目の価格が安いという点から
今回ヤフーオークションで購入しましたが、送料合わせて、11865円でした。
スペックはこんな感じ、

スペック
  • CPU:Intel Celeron 2.7GHz
  • RAM:4GB
  • HDD:無し

こんな感じです。
電源やマザボやファン等はもう付属しています。
元々サーバ用途のPCなので24H起動にも耐えられるはずです。

i3 4160

i3 4160は前回の記事でも書いたとおり、同時録画中処理不足でブロックノイズが発生しないように換装します。

TS120GSSD220S

SSDはTS120GSSD220Sですが、ただ単に、家に転がってたので使用します。

PX-Q3PE4

録画サーバのメインパーツです。
PX-Q3PE4は地上波 4ch BS CS 4ch計8ch同時録画が可能です。
家族6人それぞれ見たいものがあるでしょうし、たまたま時間がかぶってもこれなら余裕でしょう。

注意

BCASカードは付属しません。

カードリーダ

安かったので中華製カードリーダを購入しました。

動くか、心配しましたが、普通に認識しました。

同軸ケーブル

いわゆるアンテナ線ですね、なんでもいいのですが、

信頼、安心のHORIC社製のを購入しました。

分配器

これも好みで。

HORIC製のを買いました。
なんというか、HORICさんの物は金属部分好きなんですよね
かっこいいです。

ちなみに、HDMIもHORICです。

次回、実際に動かしてみて、安定して稼働するのかを検証していきたいと思います。

シリーズ記事

この記事は【録画サーバーを作る】シリーズです。

  • 第一弾 録画サーバーを作りたい!パーツ構成を考える!
録画サーバーを作りたい!パーツ構成を考える!【録画サーバーを作る】
  • 第二弾 録画サーバーに必要なパーツを購入しました! ←今回の記事
  • 第三弾 EPGStation+Mirakurunで快適録画環境の構築!
EPGStation+Mirakurunで快適録画環境の構築!【録画サーバーを作る】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください