ヤフオクでジャンクCPUを買ったら見事にリマーク品を当てた!

こんにちは、栗本(@KurimotoYugo)です。
皆さんはジャンクという便利な言葉をご存知でしょうか?

ガラクタ・役に立たない物
役に立たないもの。がらくた、廃棄物などを参照。
ジャンク品 – 故障・破損などで製品本来の用途に供することができず、廃棄物同然の状態におかれているが、部品単位では再利用が見込める状態の物品。部品取り品。
ジャンク品 (パーソナルコンピュータ) – 部品取り品の意味から転じて、パソコンのパーツの販売の際、販売側の事情(動作確認の手間を省くなど)により、完動品にもかかわらず、保証を付けない製品を「ジャンク」と称することもある。

「”ジャンク”」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
“2017年11月20日 (月) 03:04″ UTC
URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%AF

ですって、そんなCPUを今回買ったら見事に大当たり!(ゴミを当てた)

なんで、そんなの買ったんだよ

安いものを求め続けるので行き着いたのがジャンク品です。
今回のジャンク理由は

「当方の環境(メーカー製PCの載せ替え)が悪いのか認識しませんでした。
そのため、ジャンク品での出品です。」

これを見て
「あぁ、どうせCMOSクリアとかマザボのピン折れた状態でくっつけたのかなァ」
なぁんてアホで単純な考えで買ってしまいました。
ちなみにこのギャンブルで溶かした金額は
3,900円です!

購入前にリマーク品かを見分ける方法!

僕みたいな犠牲者を増やさない為にもここに書いときます。

1.FPO番号照会する

まず、第一段階として、IntelのCPUにはFPO番号と呼ばれる物があり、
これは、CPUの保証期間を照会するものとなります。

FPO番号はCPUに記載されています。
わからなければ下記のサイトで一行ずつ試してみてください
上記の場合、FPO番号は一番下の行にある「L825D011」です。

FPO番号の照会方法は簡単で、Intelの保証に関する情報 に行くと、FPO番号を入力する場所があるので「バックナンバー(FPO)」に入力するだけです。

購入を検討しているCPUを選択して

FPO番号を見ると「V810C568」と書いてあるので

照会してみると…

この通り、リマーク品ですと、製品が見つからないって出てきます。
最初っからこれやっとけばよかったなぁ….
ちなみに商品の概要を見て「画像は使い回しです。」って出てきたら100%買わないほうがいいですよ

2.CPUの裏面写真を見てみる

CPUの裏面は世代やらi3やらXeonでは違うらしいです。
では、具体的に何が違うのかと言うと

この、裏の真ん中にあるチップがCeleronのチップ配列じゃないか!!!!
みたいな

ちなみに、↑はi5 4590Sの配列
上記の8700Kと裏のチップ配列が全然違いますよね
世の中には「Celeron壊れちゃったからi7のヒートスプレッダー載せて高値で売ろう〜」なぁんて人もいるらしいですよ

3. 出品者の評価を見てみる

評価を見るとこの人はどんな輩なのかすぐわかります。
つまり、犠牲者リストです。

4. 直球

ヤフオクには「出品者に質問」という便利な機能があります。
それを使って

もう、直球で

送っちゃいましょう
いいえ、違いますよ
って来たら買って外れたらボロクソ言って返品しましょう
ノークレーム、ノーリターンなんてものは通用しません
もっと購入前の対策はあるかもしれませんが、僕が調べた中ではこのくらいですね。
なにかご意見あれば、コメントまたはお問い合わせからお願いします。

2 COMMENTS

初心者

ジャンクのCPU購入を考えていたところだったので、ありがたい記事でした。
博打に負けたことについてはお気の毒でしたが、頑張って下さい。

返信する
たぬ太

ヤフオクで「ジャンクOEM PC分解品」として大量出品されてますね。
作動しない正規品なら「ノークレーム、ノーリターン」は理解できますが、リマーク品
の場合、明らかな詐欺ですよね。
OEM PC分解品でCPUがリマーク品とかあり得ないです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください