「Amazonオーディオブック」今だけ2か月無料体験!

サクラレビューを募っていた出品者をAmazonにチクって出品者をBanさせたお話

去年辺りから耳にするようになった「サクラレビュー」又は「ヤラセレビュー」という言葉を聞くようになったかと思います。

当ブログでは、「サクラレビュー」と書かせていただきますが、今回はサクラレビューを募集している大本のセラー(出品者)をAmazonにチクってセラーをBanさせたお話です
あなたも、サクラレビューGメンになりませんか?

サクラレビューは規約違反!

Amazonの出品者の禁止活動および行為、ならびに順守事項をみるとこう書いてあります。

カスタマーレビュー: カスタマーレビューはAmazonマーケットプレイスにとって重要です。商品の詳細や、製品後の感想についてフィードバックする場として設けています。出品者、または競合他社が出品している商品をレビューするなど、金銭的利害関係を持つ商品について出品者がカスタマーレビューを書くことは禁止されています。また、カスタマーレビューに対して報酬を提供(商品の無料または割引価格での提供を含む)は禁止されています。肯定的なカスタマーレビューだけを書くよう求めたり、報酬を提案したりするようなカスタマーレビューの依頼は禁止されています。購入者にレビューを変更または削除するよう依頼することは禁止されています。

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200386250?language=ja_JP&ref=xx_200386250_cont_G200444420

簡単に言うと、「良いレビューを得るためにお金を渡したりするなよ」「星5かつ良いレビューを強制させるなよ」ということです。

確かな情報かは不明ですが、Banされた出品者は商品没収&売上金没収らしい?です。
ここらへんは不確かなので詳しい方コメントで教えて下さい

サクラレビューに騙されてガラクタ買ってしまった

AmazonでiPadケースを購入したのですがレビューには「手から滑りにくくて使いやすい」とか「頑丈で素晴らしい」とか書いてありましたが、実際に届いた商品使ってみると「iPadにそもそも付けれない」「なんか、謎の粉がついている」有様
サクラレビューチェッカーで調べてみたら案の定最低レベルの「F」でした。
なんか「サクラレビュー撲滅出来ないかなぁ」とAmazonに相談したらお問い合わせからサクラレビューを募集している出品者を報告できるようなので今回は皆さんに教えちゃいます。

悪質な出品者をBANさせる方

Amazonにチクるまでは超簡単

チクるまでの手順
  1. 自らサクラレビューの募集に応募する
  2. 相手から商品の詳細が送られてきたら即スクショ
  3. Amazonにチクる

では、実際のスクリーンショットを踏まえて説明していきましょう

サクラレビューの募集を見つけるには?

サクラレビューの募集は主に「Twitter」、「Facebook」、「Instagram」、「LINE」で見られます。
今回は、個人的に最も活発だと思うFacebookに張り込みましょう

必要なもの
  • Facebookアカウント
  • AmazonのプロフィールURL
  • PayPalに登録してあるメールアドレス

この3つが揃っていれば大丈夫です。

AmazonのプロフィールURLはAmazonトップページの左側にある「こんにちは、○○さん」と書かれたところをクリックして

表示されたプロフィールページのURLをメモしておけば大丈夫です。

1.自らサクラレビューの募集に応募する

さっそく、Facebookの検索欄に「アマゾン レビュー」と入れて検索しましょう
そうすれば、たくさんグループが出てくるので片っ端から入りましょう

例えば、「この出品者釣りてぇなぁ」思ったらコメントに「興味あります!」とか書いて送りましょう

2.相手から商品の詳細が送られてきたら即スクショ

「興味あります!」と送って数時間後相手から「Amazonのプロフィールとppアカウントを教えて下さい」と聞かれます。

ppアカウントとはPayPalのメールアドレスのことです。

ここで、先程用意したAmazonのプロフィールURLとPayPalのメールアドレスを送ります。

出品者がプロフィールの確認をするとレビュー条件が送られてくるので「OK」と返しましょう

このように「ドライブレコーダー 10」とAmazonでも検索キーワードが送られてくるのでそのキーワードで探します。

今回は、この様に商品ページの画像を送ってくれたので商品のタイトルで探せば簡単に見つかります。

検索してみると簡単に見つかりました。

見つけたら一応「これですか?」と聞いてみましょう「はい」と返事が帰ってきたら今までのチャット記録すべてスクショしましょう

報告する際重要なのは出品者名です。
これもAmazonにチクる際に必要なのでメモしておきましょう。

3.Amazonにチクる

ここまで来たらお楽しみタイムです。
Amazonにチクって出品者をBANさせましょう

参考 Amazon.co.jp ヘルプ: カスタマーレビューについて

カスタマーレビューやカスタマーQ&Aでガイドラインの違反を見つけた場合、各投稿にある違反を報告リンクをクリックし理由を入力して送信することで、違反を報告することができます。もし違反を報告リンクが無い場合は、違反していると思われる投稿が記載されている場所の説明と違反の理由を明記し、[email protected]へご連絡ください。また、何らかの報酬(無料又は割引価格での商品の提供、返金、償還を含みます)と引換えに、ガイドラインに違反した内容を作成し、編集し、又は投稿するようにといった申入れを受けた場合には、そのような申入れについて、連絡先及び関連するAmazonで販売されている商品情報を明記し、[email protected]へご転送下さい。

必要なのは「商品のページのASIN/ISBNと商品名」「報告対象の出品者のストア名または会社名」「違反についての簡単な説明」「証拠のスクリーンショット」の4つです。

それを、【[email protected]】にメールで送れば完了

「商品のページのASIN/ISBNと商品名」は商品ページの下部にあります。

「報告対象の出品者のストア名または会社名」は「この商品は、○○が販売し、Amazon.co.jp が発送します。」の○○の部分

違反についての簡単な説明は

テンプレート

出品者の禁止活動および行為、ならびに順守事項における「出品者の評価、フィードバックおよびカスタマーレビューの不正使用」に該当する行為(カスタマーレビューに対して報酬を提供)をおこなっています。

こんな感じに書けばいいでしょう
まとめると

テンプレート

出品者:【ここに出品者名】
ASIN:【ここにASIN】
【ここに出品者名】は出品者の禁止活動および行為、ならびに順守事項における「出品者の評価、フィードバックおよびカスタマーレビューの不正使用」に該当する行為(カスタマーレビューに対して報酬を提供)をおこなっています。

このように書き込んであとは先程の証拠スクリーンショットを添付したら【[email protected]】に送信したら完了です。

入力出来たらこんな感じになるので送信をしたら任務完了です。

後日、このようなメールが届きました。

いくつか報告した中でとある出品者のページが無くなっていたのでこれは制裁食らったのかな?

まとめ

これを見て、あなたがGメンになるのか、サクラレビューアーになるのかはわかりませんが、こうやってサクラレビューを募る大本を潰すことができるのがわかったかと思います。
是非、この記事を拡散していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください