カメラ周りが強化されたiPad Pro 2020年モデル実機レビュー

栗本(@KurimotoYugo)です。
2020年3月25日から販売が開始されたiPad Pro 2020年モデル前回のiPad Proからそれほど進化はしてないマイナーアップデートモデルですが、ちょうど学生向けのキャンペーンもやっていたので買いだと思い、購入しました。

外見はほぼ変わらず

iPad Pro 2020 付属品

高揚感が抑えきれず、届いたら即開封してしまったので今回は内容物の紹介です。
今回は11インチ 128GBモデルを購入しました。

内容物
  • iPad Pro本体
  • 18W Type-C電源アダプタ
  • Type-C充電ケーブル(1m)
  • 取り扱い説明所類

以上、上記の4点が入っていました。
Type-Cケーブルや充電アダプタは使わないのでしまっておきます。

iPad Pro 2020 Type-C端子

外見の違いはほぼありませんが、iPad Proが今回始めての僕にはType-Cで充電できることに感動です。
早く、iPhoneにもType-Cが搭載されることを望んでいます。

iPad Proは皆さんも御存知かと思いますが、端末上下に計4つのスピーカーが搭載されている為、Prime Video・Netflix・Apple TV+での映像視聴がより臨場感が増すのではないでしょうか?

iPad Pro 2020 裏面 端子

iPad Proシリーズには電子接点があり、Appleが販売する「Smart Keyboard Folio(別売り)」が接続出来ます。

5月にはトラックパッド付きキーボード「Magic Keyboard」が販売する予定です。
トラックパッド以外にも、ヒンジ部分に追加のType-Cが搭載されています。
この「Magic Keyboard」は、iPad Pro 2020年モデルに限らず、iPad Pro 2018年モデル以降で使用可能です。

iPad Pro 2020 カメラ LiDARセンサー

今回、外装で変更されたのがカメラ部分
iPhone11 Proを思わすようなデザインですが、カメラは三眼ではなく、二眼です。
12MPの広角、10MPの超広角の二眼になりました。
もう一つはLiDARセンサーと呼ばれるものが搭載されました。

LiDARセンサーでARがより快適に

LiDARセンサーは自動運転車にも使われているセンサーで、光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定して割り出してくれます。

実際にLiDARセンサーが光を照射している所を撮影しました。

上記の動画にあった光でどのように空間認識しているのかAppleが公開しているサンプルプログラムを使用し撮影しました。
このようにLiDARセンサーが搭載されたことによって、空間認識がより高精度になりました。

LiDARセンサーの有無でARの起動がどのくらいスムーズになるのか、検証した動画もあげてあります。
LiDARセンサーが搭載されたことにより、端末を動かす指示も無くなり、スムーズにARが楽しめるのをご確認していただきました。

外見以外にも中身も変化しています。

12Z Bionicチップでグラフィック性能がアップ

iPad Pro 2020年モデルではA12ベースのA12Z Bionicチップが搭載されています。
A13ベースではないのかよと突っ込んでしまいました。
A12Z BionicチップはA12X Bionicチップに比べCPU性能にはほぼ進化はありませんが、グラフィック性能が大幅に向上しました。

iPad Pro 2020年モデルでは全モデルでRAM 6GB搭載

iPad Pro 2019年モデルでは最上位の1TBのみ6GBそのほかは4GBでした。
しかし今回のiPad Pro 2020年モデルでは、すべての容量でRAMが6GB搭載されています。
RAMが6GBになったことによってより多くのことが出来るようになったことでしょう
今回僕は、126GBを購入しています。

性能はアップしたが、価格はダウン

上記の画像をクリックしていただくと拡大出来ます。
iPad Pro 2019 11インチ 64GBを見ていただくと、価格が税別89,800円ですが、
僕が購入した、iPad Pro 2019 11インチ 128GBは容量が増え、RAMが6GBそしてLiDARセンサーと性能もアップして税別84,800円です。
こうして比較してみるとすごいお買い得な事がわかります。

まとめ

今回は、iPad Pro 2020年 11インチモデルをレビューしました。
サイズ感はiPad 第6世代をちょっと大きくした程で重さも思ったほど重たくはありませんでした。
カメラや中身のスペックがアップしているのにも関わらず、11インチならば税別84,800円から購入できます。


学生の方であれば、税別79,800円から購入出来ます。
これから大学生の方にはピッタリの1台なのではないでしょうか?

僕はこれから大学生活で活用していきます。

TiMOVOのクリアケースと新型iPad Pro 2020の組み合わせが現状最強!

ちょい足し:フル充電までの時間を測ってみた

構成上入れる場所がなくなってしまったのでこの最後に書かせていただきます。

Type-Cの恩恵を一番に受けるのは充電スピードではないでしょうか?
以前まで、iPad 第6世代を使用していましたが、高速充電にもPDにも対応しておらずフル充電までの時間がすごくかかりました。

ApplePencilに対応した、iPadがやってきた!!
PDに対応するiPad Proは何時間でフル充電出来るのか試してみました。

使用した物はこちら

安定のAnker製品を使用させていただきます。

iPad Pro 2020 充電スピード 1%

充電1%からスタート
この時点で28Wほどで充電されています。

iPad Pro 2020 100%

100%になりました
記録は1時間56分でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください