シューズとスマホが連携!「AMAZFIT Running Shoes」を使ってみた

こんにちは、栗本(@KurimotoYugo)です。

ついに、シューズもスマホと連携できてしまう時代が来てしまいました。

今回レビューするのは、「AMAZFIT Running Shoes」と「Xiaomi Smart Chip」です。

普段靴としてもいけそう

中国から取り寄せたものになるので箱に入っておらず、宅配ポリ袋に直接入っていました。

AMAZFITシリーズは中国XiaomiのサブブランドHuamiから出ているものです。

最近、Apple Watchライクなスマートウォッチ「Amazfit GTS」を発表しています。

今回、グレーを購入しましたが、他にもいくつか種類があります。

女性向けのカラーもありますね

裏を見ると、見たことあるようなマークが

グッドイヤーのロゴマークですね

ランニングシューズとありますが、普段靴としても良さそう…..

チップはちょっと入れづらいね

カップインソールは外すと、 チップを入れる部分が現れます。

このシューズの目玉は「スマホと連携出来る」こと

歩数データなど、ランニング中のデータを正確に記録してくれます。

ただ、この靴だけではスマホと連携出来ず、 「Xiaomi Smart Chip」 を別で購入しないといけません。

この点注意です。

こちらが、「Xiaomi Smart Chip」です。

内容物は本体と説明書のみですね

ボタン電池で駆動し、IP67の防水を備えています。

ボタン電池のサイズはCR2032でした。

内蔵バッテリーとは違い、交換出来るボタン電池なのでいいですね

チップを左右のシューズどちらでもチップを入れることが出来るのですが、僕は利き足である、右側にチップを入れました。

ただ、チップを入れるのがかなり難しく、入れるだけで10分ほどかかりました。

接続はかんたん

ちょっとした動画を作ってみました。(外で撮ったので蝉がうるさい….)

接続は専用アプリ「Mi Fit」で行います。

動画を見てもらうとわかりますが、ちょっと待つとチップを振ってくださいと表示され、振るとペアリング完了です。

履き心地はいい感じ

今回、43サイズのものを購入しました。

足のサイズが日本サイズで27cmの僕が履いた場合ちょうどいい感じです。

ランニングシューズなのでソールに厚みがあり、非常に走りやすいですし、長時間立っているときも疲れにくいかと思います。

チップが内蔵されていますが、配置がちょうど土踏まずなのでチップが足裏に当たるような硬い感覚はなく、快適です。

歩数の確認はMi Fitで!

歩数は、「Mi Fit」というアプリから確認出来ます。

今日何分走ったのか、何分ウォーキングしたのかがわかります。

Mi Fitにはワークアウトにランニングという項目があるのですが、SmartChipではワークアウト中の姿勢を分析してくれるようです。

MiBandと組み合わせることで、心拍数も計測できるので便利です。

まとめ

今回は、 「AMAZFIT Running Shoes」と「Xiaomi Smart Chip」 をレビューしました。

「AMAZFIT Running Shoes」はソールに厚みがあり、とても走りやすく、デザインもいいので普段靴としても良いかもしれません。

「Xiaomi Smart Chip」 は、小さいながらも高機能で、 IP67の防水もあるので雨の日でも安心ですね、

上記のものは現在日本での取り扱いがないのでAliExpress等の海外通販を利用して入手出来ます。

気になる方は通販サイトで調べてみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください