「Amazonオーディオブック」今だけ2か月無料体験!

6年ぶりの新モデル!ScanSnap ix1500を使ってみた

どうも、栗本(@KurimotoYugo)です。

最近、家に書類やら、レシートやら色々な紙が溜まってきてしまい「すべてデータ化しよう!」という事で、前々から気になってたScanSnap ix 1500を購入してみました。

とりあえず、開封

開封してみましたが、思ってた以上にコンパクトです。

トレー等すべて収納したサイズは、292mm x 494mm x 293mmらしいです。

全開時はそこそこスペースを取ります

重さは、一般的な家庭用プリンターと同じ感覚でしょうか、公称値では、重さ3.4kgみたいです。

付属品を見ていきましょう

電源ケーブル

ACアダプター

紙類

これは、スキャンしてみろってことでしょうか、

USBケーブル

写真取り忘れました

名刺・レシートガイド

が入ってました

デザインがかわいい

前回モデルのix 500は黒をメインとしており角ばってましたが、今回のix1500は、白をメインとし、丸み帯びた筐体になってます。

背面には、電源の差込口に、USB 3.1 Gen 1に対応した、ポートがあります。

一つ、気になったのが、このトレー部分なめらかなカーブを描いており、書類がなめらかに滑りそうですが、トレーを引き出すときや、しまうときのつっかかりが気になります。

家庭用プリンターのトレーもそんな感じですよね

セットアップ

初回起動は10秒程です。

今回の機種のメインはこのモニターです。

感圧式のタッチパネルなので、タッチペンも使えますね

ただ、傷が付きやすそうなので保護フィルムは必要かと思います。

画面の指示に従ってソフトウェアをダウンロードします。

今回はMacにインストールしました。

もちろん、Windowsにも対応しています。

セットアップはあっという間に終わりました

早速使ってみた

とりあえず、レシートを大量にセットしてみました。

※ここからはWindowsの画面です

これは、盲点だったのですが、スキャンした書類の解析をするのである程度のマシンスペックが必要かと思います

店名の認識は大体はしっかり出てきていますが、機械処理なのでしょうがないですね、

プリセットが超便利!

僕、販売もやっているので色々控えが溜まっていくんですよ

一度PCに送ってファイル分けしてたのですが、プリセット選択してスキャンしちゃえば

そのフォルダに直接保存できちゃうのがすごい

また、ネットさえ繋がっていればix1500単体でクラウド上にアップロード超便利!

複数のPCでの使用はちょっと面倒くさい

悪い点といえば今の所はそこだけです….

例えば、僕の場合はMacとWindows両方で接続してみましたが、

なんか、ScanSnap Cloudに送る が2つありますよね?

デバイス毎にこの表示が出てしまうので、ちょっと不便です

どうせなら、右下あたりにデバイス選択的な項目を作って欲しいですね

PFUさんもし、見ていたら検討よろしくおねがいします

全体的にはすごく良い製品です。

今後のアップデートに期待ですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください