「Amazonオーディオブック」今だけ2か月無料体験!

ガジェットレビュアー必須アイテム!PD対応Type-C電流・電圧チェッカーを買ってみた

どうも栗本(@KurimotoYugo)です。

今回は、ガジェット系レビューブログ記事には必須のアイテム「Plugable USB-C 電圧・電流チェッカー」を買ってみたのでレビューしていきます。

開封

まず、お値段なのですが、「2,180円」でした。

その割りにはパッケージが雑な気がします。

結局、中身がちゃんと使えれば問題ないので見なかったことにします。

付属品は特に無く、本体のみです。

筐体が小さくていい!

こちらが、本体

ちょっと気になったのですが、ディスプレイ部分がやたら傷だらけです

あともう一つ、端子がやけに汚れています。

新品なのにね….

画面の傷に関しては保護シートを剥がせばきれいだとは思いますが、2,180円のクオリティーとしては残念かな…

さっそく、測ってみた

測る前に今回使用するACアダプターはAnker PowerPort Speed 1 PD 30というものを使用します。

気になる方は下記のリンクから見てみてください

ちなみに、最近60W対応のものも新たに出たみたいです

こちらも載せておきます。

栗本といったらAnkerという程のAnker信者です。

宗教上の理由から他社のモバイルバッテリーやケーブルは買えません。

使用する機器は最近ではごろ寝PC化してしまっているMacBook Pro 13インチ 2017年モデルです。

さっそく、挿してAnker PowerPort Speed 1 PD 30の出力を見ていきます。

ちなみに、Anker PowerPort Speed 1 PD 30は語尾に30と付いているので30Wが最高出力です。

計測してみた所こんな感じ、

19.2V 0.92A出ていますね、

ちなみに、AC側につないでも計測出来ます。

分かりやすいように、電気がどちらの方向に流れているのかを示す矢印もあります。

そして、Type-Cなので裏表どちらに挿しても計測出来ます。

便利ですね

以上、今回は「Plugable USB-C 電圧・電流チェッカー」のご紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください