「Amazonオーディオブック」今だけ2か月無料体験!

液体保護フィルム「Glas.tR ナノリキッド」を試してみた

どうも!栗本(@KurimotoYugo)です!

今回は、ネットで話題の液体保護フィルム「Spigen Glas.tR ナノリキッド」を試したいと思います。

ニュースサイトで見かけ凄い気になったので即ポチりました…..

開封

んで、届いたのがこちら

ガラスが入ってるわけではないのでパッケージは薄く出来ている。

内容物はこんな感じ

内容物
  • クリーニングクロス
  • Wipe 1 (アルコール)
  • Wipe 2 (ナノリキット)

ガラスフィルムにはホコリを取るシールがあったが液体保護フィルムにはついていないのが特徴

そこまでホコリの付着は気にしなくてもいいのだろうか?

3ヶ国の言語で説明が書かれてるが、残念ながら日本語の説明は記載されていない

だが、心配無用しっかり日本語動画が用意されているのでそれを見ながらすればいい…

早速塗ってみる

液体なので乾かなければ複数のデバイスに塗れるということで今回は色々端末を用意してみた

用意した端末
  • MacBook Pro 13インチ
  • ZenPad S 8.0
  • ZenFone2 Laser
  • Moto360 1st Gen

パソコンやらスマートウォッチやら色々集めてみた!

MacBook Proに関してはキーカバーを付けており画面を閉じた際キーカバーの汚れが画面に全部付くので

こんな、汚らしいことになる。

ちなみにMacBookに関しては保護フィルムを付けていない

塗る前にケース類は一応外しといた

当然ですが、既に貼ってある保護フィルムは取りましょう

クロスで汚れを拭きアルコールで綺麗にする

さて、無駄話が多くなってしまったが早速塗っていこうと思う

クロスで画面を拭きアルコールで綺麗にします。

アルコールは揮発性が高いので複数の端末に塗る際はパッパとやりましょう

ピントが合っていないが汚れで黒くなっているのがわかる

アルコールを塗り終わったらクロスで綺麗に拭き取りましょう

ナノリキットを塗る

二番の袋を開封

ナノリキットも揮発性も高いのでちゃっちゃとやりましょう

塗ってみたが海に油が浮いてしまってるような跡が残る

まんべんなく塗れたら5~10分間待つらしい

画面には触れられないのでGoogle Homeに「ねぇGoogle 10分のタイマーよろしく」で解決

便利です

10分後余分な液体を拭き取るらしい

だが、これで完成ではない

どうやら更に48時間後液晶保護に最適化されるらしいが、その間触ったらコーティングが剥がれたりするのだろうか….

とりあえず完成ということにしましょう

感想

確かにMacBookProを閉じた際キーカバーの汚れが画面につきにくくなったと思う

ただ、気をつけて欲しいのは画面を傷と汚れから守ってくれるのであって衝撃から守ってくれるわけではないと言う点だ

衝撃から守って欲しい場合はゴリラガラス採用の端末か、ガラス保護フィルムを貼ることおすすめする…

液体保護フィルムはデバイスを美しく保護できるので見た目重視者にはいいかもしれない….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください